日本の鉄道の技術って本当に凄いですよね。

この動画は山梨実験線で行われたもので、総距離
42.8kmとなっております。もともと18.4Kmの先行区間
だったようですが、時速500Kmで走行すると何と2分で
終端まで達してしまうようです。

先行区間では一般の人の試乗が可能だったようですが、
残念ながら現在は延伸工事中のため試乗不可のようです。

管理人補足
山梨県立リニア見学センター引用
JR東海より、平成26年3月19日にリニアの体験乗車(試乗)について、
今年の11月・12月および来年の3月の平日にそれぞれ数日程度、1日
に2~3回、1回100人程度、有料(約2,500円程度)で実施するが、具体
的な実施日・応募方法等はまだ未定であり決まり次第ご案内するとの発
表がありました
JR東海のサイト)。

※最新の情報は自己責任でお願いいたします。






早く乗ってみたいなぁと思いつつ、旅行って準備や移動時間が一番
楽しかったりもしますよね。


超電導リニアは、鉄道総合技術研究所(鉄道総研)および東海旅客鉄道(JR東海)
により開発が進められている磁気浮上式リニアモーターカーである。超電導電磁石
(超伝導電磁石)を利用するため、開発を推進するJR東海では超電導リニアと呼ん
でいるが、国土交通省では「超電導磁気浮上方式鉄道」という呼び方もしており、ま
た「JRマグレブ」という呼び方もある。マグレブ (Maglev) とは英語の“magnetic lev
itation”(磁気浮上)を省略した呼称である。なお、英名については、JR東海はこれを
「SCMAGLEV」(Superconducting Maglev, Superconducting Magnetic Levitation
 Railway)としている。

引用元wikipedia


Japanese Maglev, 581km/h




海外の反応

(例)国籍
・コメント


国籍不明
・トルコのHS列車でこんなの見てみたいなぁ。
近いうちに見れる気がする
    
    ↳ブルガリア
    ・うん。悲しいことにブルガリアは問題外



アメリカ
・すんごい!



イタリア
・ワオ!!!!!!!!!!



フィリピン
・さすがだね



ロシア
・心強い情報だね!



ルーマニア
・世界で最悪のカメラで撮影した、世界で最高の鉄道



南アフリカ
・日本の列車はいいねぇ



カナダ
・日本は、基礎科学研究であるエレクトロニクス自動車機械地震工学、工業用ロボ
ット、光学系半導体及び金属の分野で世界リーダーとして顕著な貢献を行った。そ
れはロボット生産および使用で世界をリードする。日本が生んだ 13 ノーベル賞受
賞者達は 1300 億ドルの研究予算を共有します。
日本は高度な新モデルの立ち上げを行う業界のパイオニアです。



カナダ
・リニアモーターカーがより速くなるのを防いでいる唯一のものが、
空気抵抗であるということです



アメリカ
・日本の新幹線は安全なんだ。みんな安心して乗れるよ。



アイルランド
・何でそんなに急ぐの?私は自然の風景が見られる方が好きだなぁ



韓国
・新幹線なら聞いたことあるけど。
既にもう技術が構築されて、存在している電車なの?



イギリス
・超電導磁気浮上式鉄道のフロント エンドはアナグマを思い出させる。



アメリカ
・日本は、米国よりも国土が小さいことを考慮する必要があります。
列車の旅はアメリカよりも気軽なものだよ。その結果が技術のレベル
アップに貢献してるんだよ




カザフスタン
・日本の電車、ロシアの名前



アメリカ
・あの電車を止める方法が知りたいんだけど



フィリピン
・将来的には、リニアモーターカー、581 キロ/秒の高速化されます。



リトアニア
・高速化



ポーランド
・それ、ポーランドにある?



オランダ
・その磁気推進力は、実際には LIM (線形誘導電動機) なのかな?
同じ技術はジェット コースターをスピードアップするために使うんだけど



ドイツ
・ドイツにも欲しい!



オーストラリア
・オーストラリアの超高速 mag 鉄道を見てください。



インドネシア
・TGV負け



ポーランド
・ポーランドの電車最悪



アイルランド
・アイルランドの列車は高速



アメリカ
・日本では仕事に遅刻する理由がない



イギリス
・地震が多い国だけどどんなしくみでなの?脱線しちゃうんじゃない?
それとも脱線しないくらいの磁気なのかな?



アメリカ
・何でアメリカはこんなスマートなアイディアを出せないんだろう?



アメリカ
・アメリカにもあった方がいいよ。無いなんて恥だよ



ドイツ
・私はフランスの AGV が最速と思ってた