日本のアニメは今では文化として認知されており、「オタク」という日本語は「カワイイ」と同じくらい英語圏でも通じる日本語となっています。

痛車もまた賛否両論はあるようですが、外国人にとっては憧れの車の一つであるのかもしれません。確かに個人的には「アメコミ」で描かれている漫画は「カワイイ」ものには程遠い感じがしますし、最近のアニメの描画の美しさには感動すら覚えます。進撃の巨人のアニメの描画もとても美しかったですよね。

それでは海外の反応をご覧下さい。


Itasha: Cars for Anime-fans

【【海外】「萌え萌えきゅん」日本のアニメオタクの痛車に外国人も興味津々!!】の続きを読む