ナミキファルコン動画は以前から話題となっておりますが、やっぱりこの紙の上をすべる音がとても耳触りがいいですよね。パイロットから1978年に販売され、日本国内では「エラボー」という名前で販売されていますが、海外では「NAMIKIファルコン」という名前で販売されています。万年筆って高いだけあってかなり手の込んだ製造過程なんですね。こんなに上手には書けなくとも、思わず1本購入したくなりますね。
日本語に適した万年筆エラボー

それでは海外の反応をご覧下さい。



Custom Namiki Falcon, Part 2

【【海外】やっぱりすごいナミキファルコンの万年筆「毎日、一日中でも見ていられるね」】の続きを読む